FC2ブログ

ういずの輪

~ クリニックスタッフのブログ ~  クリニックでの出来事やスタッフのおしゃべりなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋爪先生のコラムのご紹介Part1~拒食症と体重減少~

本日は当院橋爪先生が書かれてるコラムをブログでご紹介します
第一回目は 「拒食症と体重減少」

不安定な精神状態からストレスやパニック状態などが原因とされる拒食症
でも、よく調べてみると、この病気はホルモン(内分泌)の偏りが生じていて・・・
そして、その偏りが本疾患の原因になっているのだそうです
 
拒食症で見られる内分泌の偏りは、急速に栄養状態が低下して体重減少が著しく
なったとき
例えば、進行した癌で栄養摂取ができなくなったときとか、また、最近では強力な
ダイエットや運動療法を導入された方にも見られるとの事

栄養が低下すると体を生かすための内分泌機能は積極的に停止し、記憶や思考能力
が鈍化して時には意識障害を発症し、生命の危険に陥ることもあるそう
  
しかし、内分泌治療は「温存されている生きる方向を取り戻し」ます
個体が死に向かっているならば
死から生へ方向転換することが治療になる!

と先生はおっしゃっております
  
拒食症だけでなく、栄養障害に伴う高次中枢機能障害(認知症やうつ状態など)も
内分泌治療で回復が可能になるそうです

拒食症、あるいは低栄養状態が考えられるようであれば、
年齢やダイエット暦や原因疾患にこだわらず、内分泌代謝外来
にご相談ください
 
という内容でした
ご覧いただいた皆様、もしもご自身の身体にこのような症状があり不安な中生活を
されている様でしたら、是非ご来院頂いて”生きる自分”を取り戻しましょう

詳しい内容は、ういずクリニックのホームページの 
「Dr.橋爪内分泌代謝コラム」から閲覧できます
 
Dr.橋爪の内分泌代謝コラム

また、当院に書面でも置いてありますので是非ご覧ください

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。